BUSINESS事業内容

メンテナンス

メンテナンス

安全を守る消防・防災のプロフェッショナル集団

消防設備等は平常時には使用することがない為、いざという時に確実に作動し機能を発揮するかどうかを日頃から確認することが重要です。当社は多くの有資格者を持ち、当業務を通じて顧客の生命と財産を守ることを社会的使命とし目的とします。
「甲種消防設備士」の資格と併せて消防設備点検資格者の資格も持った、高い技術力を有する点検者を揃えています。万一の火災発生時に的確に作動する消防設備のために、ワンランク上の点検を提供します。

点検期間と点検内容

消防設備点検には、6ヶ月に1回行う機器点検と1年に1回行う総合点検があります。これらの点検は基本的に消防設備士または消防設備点検資格者が行い、総合点検の結果を特定防火対象物は1年に1回、非特定防火対象物は3年に1回、所轄の消防長または消防署長へ報告を行います。

6ヶ月に1回行う【機器点検】

  • 次の事項について、消防用設備等の種類に応じ、告示で定める基準に従い確認をします。
  • (1)消防用設備等の機能について、外観から又は簡易な操作により判別できる事項
  • (2)消防用設備等の機器の適正な配置、損傷等の有無その他主として外観から判別できる事項

1年に1回行う【総合点検】

消防用設備機器の全部、あるいは一部を作動させて、総合的な機能を消防用設備の種類に応じて確認します。

消防設備の設置が義務付けられているケース

  • 新築や改築する際、消防法の改正により、対象建物となった場合。
  • 点検の結果、消防設備に不具合や不良箇所が発見された場合
  • 間仕切り壁などを設置するなどの内装工事をし、感知器やスプリンクラーを追加設置する必要がある場合
  • その他、所轄消防署からの指導により改修の必要がある場合
  • 設置されている消防設備が、消防法改正により型式失効になった場合

メンテナンスの流れ

メンテナンスの流れ
メンテナンスの流れ

報告は、原則として所轄消防長又は消防署長、消防本部のない市町村は市町村長へ、防火対象物所有者名で提出します。報告期間は、令別表第一による防火対象物により異なります。
特定防火対象物・・・・1年に1回報告
非特定防火対象物・・3年に1回報告。

お問い合わせ

消防設備のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。