BUSINESS事業内容

耐圧・放水試験

誠実、適正に点検・検査を実施

いざという時に、支障なく消火活動が出来るように、配管の誤接続・漏水・バルブのゆるみ・離脱・損傷等がないように、確実な事前チェックが義務付けられています。
弊社では、消防設備全般の点検に加え、上記新告示にも対応すべくポンプ車を配備し、訓練した技術員が誠実、適正に点検・検査を施工いたします。

連結送水管の設置が必要な建物

  • 地上7階以上の建物
  • 地上5階以上で延べ面積が6,000㎡以上の建物
  • 延べ面積1,000㎡以上の地下街
  • 延長50m以上のアーケード
  • 道路部分を有する防火対象物

連結送水管の点検時期

連結送水管

  • 連結送水管の設置後、10年を経過したもの
  • 10年経過の耐圧試験を実施してからは3年毎に連結送水管耐圧試験を再実施

消防ホース

消防ホース設置(製造年月)後、10年を経過したものにつき3年毎に耐圧試験を実施。
ただし、易操作性1号消火栓ホース及び2号消火栓ホースは除く。

※ホースを新しく設置した場合は取換(製造年月)後、10年間は耐圧試験が免除されます。

連結送水管の点検内容

試験基準

当社では、送水口から検査測定車(水槽付ポンプ車)を用いて送水した後、連結送水管の締切静水圧を3分間かけて確認します。

  • 連結送水管の締切静水圧力は、設計送水圧力とします。
  • 危険防止及び、水損防止のため急激な昇圧を避け、圧力計で確認しながら徐々に加圧します。
  • 乾式の場合は、充水に先立ちテスト弁を除き、すべての放水口等が閉止状態にあることを確認します。
  • 寒冷地で凍結のおそれがある場合は、点検終了後に配管内の排水を十分に行います。
  • 加圧送水装置を設けている場合の一次側の圧力は、ポンプの設計押込圧力以下とします。

耐圧・放水試験点検方法

1.放水機能試験

ポンプ車より連結送水管設備の送水口より加圧し、末端部における放水口より放水します。同時に配管内の洗浄も行います。

2.配管耐圧試験

消防ポンプ車を使用し、耐圧性能試験を行います。

3.漏水確認

各階放水口および露出配管部の漏洩チェックをします。

4.連結送水管耐圧試験報告書の作成

点検結果の報告書を作成し、お客様に提出いたします。

お問い合わせ

消防設備のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。